【開催予定】

現在、登録されている開催予定の学会・イベントはありません

【開催終了】

開催日 会議・イベントの名称 会場 備考 詳細
2021/09/09 国文学研究資料館 第6回文献資料ワークショップオンライン開催(Zoomを使用し録画されません)下記詳細URLよりご登録いただければ、8月31日までにZoomリンクをお送りいたします。トピック:歌書。講師:神作研一(国文学研究資料館)。概要:「和歌の添削と批評」/この25年で劇的に進展した近世和歌研究の現状を振り返り、当代の「雅俗」を踏まえながら、和歌史研究の方法や近世和歌史の特質(「堂上から地下へ」「地下から地方へ」)、歌書刊本の変遷等に目配りした上で、具体的には上方地下歌人による添削資料を読み解きます。※セッションVIは年内最終回となります。URL
2021/07/13 DH2021 (Digital Humanities conference 2021)The University of Tokyo, Japan詳細はURLをクリックしてリンク先ページをご覧下さいURL
2021/07/01 【国文学研究資料館】第5回文献資料ワークショップ:『源氏物語』の注釈資料オンライン開催(Zoomを使用し録画されません)講師:ノット・ジェフリー(国文学研究資料館 研究部 助教) 概要:「注釈資料の情報学―『源氏物語』を例に―」 読者に応じて編まれた注釈資料は同時に読者を映す鏡として、対象作品の受容史を記録する一方で、享受者側の関心や解釈態度等についても豊富な情報を後代に残します。『源氏物語』を対象とした多種多様な注釈資料を例に、その情報の扱い方についてお話しします。 前半:オリエンテーション(1時間)後半:Q&Aセッション(1時間) 参加費は不要URL
2021/06/12 日本近世文学会2021春季大会シンポジウム デジタル時代の和本リテラシー 古典文学研究と教育の未来オンラインで開催参加無料/要事前申込 詳細URLからお申し込みできます。URL
2021/05/22 第二回 立命館大学-清華大学 国際学術シンポジウム「日中文化交流と人文学の新たな座標」Zoomによるオンライン開催(日本語・中国語の同時通訳あり)お申し込み方法 件名:【申込】清華大学・立命館大学国際学術シンポジウム」として、 所属・お名前・連絡先メールアドレスを明記した申込メールを r-darc@ st.ritsumei.ac.jp  までお送りください。 申込を受け付けましたら、Zoomアドレスをお送りします。 お問い合わせ先 立命館大学衣笠キャンパス アート・リサーチセンター事務局 r-darc@st.ritsumei.ac.jp TEL: 075-465-8476(月~金 9:00~17:30)URL
2021/05/08 国際日本文学研究集会(THE 44th INTERNATIONAL CONFERENCE ON JAPANESE LITERATURE)オンライン開催(ZoomおよびYouTube配信)質疑応答はZoomミーティングに限定しますので、5月5日までに事前登録をお願いいたします(https://forms.gle/vzu9yUhPB6qekkTL6)。 予稿集を公開しました。 YouTubeからの配信は登録なしでごらん頂けます。URL
2021/03/25 AAS2021Seattle詳細はURLをクリックしてリンク先ページをご覧下さいURL
2021/03/25 NIJL 2021: RESOURCES AND COOPERATION FOR THE NEXT DECADE AAS 2021 Annual Conference: Information Meetingオンライン事前登録制です。開催時間は下記の通り。 日本時間:3月25日(木)9:00~10:30 米国時間:Wednesday, March 24, 2021, 8:00pm-9:30pm (EST)   詳細は下記をご参照下さい。 https://www.nijl.ac.jp/activity/International/conference/aas2021.htmlURL
2021/02/26 対談!今時のデジタルアーカイブ技術!!オンライン要事前申し込み
2021/02/10 TEIガイドライン初心者講習会Zoom人文学テキスト資料を効果的にデジタル化するための国際的なルールであるTEIガイドラインの使い方について、初心者向けの講習会を行います。廣瀬本『万葉集』の詳細な構造化の例などもご紹介いたします。ご関心がおありの方はぜひこれを機会にご参加ください。会場URLは、下記のFacebook頁にて当日告知いたします。なお、2/6と内容は同じですのでどちらかにご参加いただければ大丈夫です。URL
2021/02/06 TEIガイドライン初心者講習会Zoom人文学テキスト資料を効果的にデジタル化するための国際的なルールであるTEIガイドラインの使い方について、初心者向けの講習会を行います。廣瀬本『万葉集』の詳細な構造化の例などもご紹介いたします。ご関心がおありの方はぜひこれを機会にご参加ください。会場URLは、下記のFacebook頁にて当日告知いたします。なお、2/10と内容は同じですのでどちらかにご参加いただければ大丈夫です。URL
2021/02/06 【国文学研究資料館】一冊対談集_クリエーターと語るこの国の古典と現代_第7回_山村浩二(アニメーション作家) × ロバート キャンベルYouTube【国文学研究資料館】 一冊対談集 クリエーターと語るこの国の古典と現代 第7回(山村浩二(アニメーション作家) × ロバート キャンベル) 【概要】 国文学研究資料館のキャンベル館長が年に数回実施する対談シリーズの企画です。 毎回様々な業界から1人のゲストを呼び、クロストークを展開します。ゲストはスポーツ、メディア、食文化、音楽等各界で活躍する第1人者で、自らの知見と技を確立させるのに言葉と格闘する経験を持つ方々です。 日時(日本時間):2021年2月6日(土)15時~16時30分 〇YouTube ライブ配信URL https://youtu.be/Bx7Zv21qXg4 〇国文学研究資料館 対談企画WEBページ https://www.nijl.ac.jp/activity/plat/post_59.htmlURL
2020/12/20 東北大学狩野文庫デジタルアーカイブシンポジウム「江戸に学び、江戸に遊ぶ」Zoomによるオンライン開催(事前申込制)本学は、国文学研究資料館による「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」事業に参加しております。同事業において、本学所蔵の狩野文庫和書2万5千点のデジタルアーカイブ化に取り組んでおり、その第一弾として2020年9月24日に232点が公開されました。これを記念して、国文学研究資料館長のロバート キャンベル氏にご講演いただきます。また、当該事業の概要、狩野文庫のデジタル化計画や活用事例を紹介するとともに、デジタルアーカイブの今後について議論します。URL
2020/11/07 参加機関によるラウンドテーブルYouTube配信第6回日本語の歴史的典籍国際研究集会終了後に続けて開催いたします。URL